FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.03.15

さようなら、わさびちゃん

一昨日の夕方、娘とそのお友達と私でジョギングしていた時、娘が道路の真ん中で倒れている猫を発見。

「わさびちゃんだ..」と娘が道路に飛び出そうとしたので、車の往来がなくなるのを待ってから、わさびちゃんを抱きかかえて、歩道まで連れてきたところ、ぐったりしていたけれどまだ温もりがあったので、すぐそばの動物病院(ひなちゃんもお世話になっているところ)に連れて行ったんだけれど..。

獣医さんに、心臓マッサージをしてもらったけれど..助かりませんでした。

遺体となったわさびちゃんは獣医さんが引き取って、後日、県のほうで火葬、そして動物保護団体で供養をしていただけるとのことでした。

それからしばらくずっと泣いていた娘がちょっと落ち着いてから話してくれたのは、わさびちゃんは娘とお友達がかわいがっていた外暮らし(おそらく)の猫たちのうちの一匹とのことでした。

黒くてふわふわの毛で瞳がグリーンだったわさびちゃんが、猫用のおやつも美味しい、とにっこり笑って食べてくれていたということや、からしちゃんという猫といつも一緒にいたことなども話してくれて..私は元気だったころのわさびちゃんを知らないけれど、元気だったころのわさびちゃんを想像してみたりして、わさびちゃん安らかに。。と想っています。

そのわさびちゃんが亡くなった翌日である昨日、娘と娘の猫巡回ルートを歩いていたら、からしちゃんがある民家の軒先で佇んでいました。
わさびちゃんを待ってるのかな、、待ってるのよね、、と思うとその佇まいもなんだか寂しそうに見えて。。
室内飼いの猫は、同居猫がいなくなってしまうと、ほぼ全猫が鬱になってしまうと聞いたので、外暮らしの猫もそうなんじゃないかな、、と思って、からしちゃんのことも心配で、もどかしいです。。

大島弓子先生も書かれていたけれど、猫はみんな誰かに飼われるべきだと私も思いっていて、、私にできることをもっと考えなくちゃ..。

わさびちゃんというかわいらしい猫がこの地球の片隅にいてくれたことをどこかに記録をしておきたくて、今日はいつもと違うブログになってしまいました。。

今日はこたつ布団を干しているので、私の上に乗ってくれるひなちゃん。
長生きしてね!



↓ご訪問のしるしにクリックいただけたら嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。